Top > 注目 > 片付けや清掃を専門とする会社に委ねる

片付けや清掃を専門とする会社に委ねる

不動産物件を売ろうとすれば最初に、相場はいくらなのか調べましょう。

 

その価格を調べるにも不動産業者に調査を依頼します。

 

査定を行うにあたって、机上で行える簡易査定と、現地を訪れる訪問査定とがあります。

 

簡易査定(机上査定)とは、基礎データをもとに行う査定のことです。

 

ネットを利用すれば、一括査定ができるので非常に便利といえるでしょう。

 

一方、訪問調査では現地で建物の状況などを確認し、役所調査が必要になるので数日かかります。

 

その為、簡易査定よりも適正な価格を提示してもらえるでしょう。

 

戸建てなどの不動産物件を売ろうとした場合、買手が境界確認書を求めてくることもあるでしょう。

 

そういったケースでは、その土地の権利者が立ち会って土地家屋調査士が「土地境界確定測量」を行って、必要な書類を作るのです。

 

境界確認書が求められる理由は、どこまでが購入する予定の土地なのか境目がはっきりしないケースで、売地の面積を明確にしてから売値を決めるためというのもありますし、隣り合う土地の権利者とのトラブルを回避したいという思惑があるのでしょう。

 

目にする機会は少ないですが、不動産査定ソフトというものがあります。

 

階数、面積、築年数など、複数の条件を設定すると、ソフト内に収録している路線価や資産償却表などに基づき、物件の評価額を自動的に算出するアプリです。

 

フリーソフトと有料の違いはあるようですが、一般に公開されているデータの集積値ですから、実際に専門家が見て判断した評価額とはかけ離れるケースも実際にはありますが、メタデータ的に把握したい人には良いかもしれません。

 

もし不動産の売却を考慮しているなら、築年数の関係が気にかかりませんか。

 

築年数で売却価格が上下するのは確かです。

 

例を挙げると、築10年が経つ戸建ては概ね建物の査定価格はゼロになって、基本的に土地のみに価格がつけられるでしょう。

 

それから、マンションの場合でも同じように築年数が浅ければ浅いほどベターですから、戸建てと同じく、一種の境界線として築10年があります。

 

居住している家を売る際も、転居して空き家にして売る際も、売主は清潔さの維持に努めなくてはなりません。

 

清掃が不十分だとか、他人から見て不用品が多いなと感じられる状態では高くは売れませんし、内覧者もがっかりしてしまうでしょう。

 

粗大ゴミや資源ごみは分別して処分し、リサイクルショップを利用するなどして気づいたところから不要品の片付けを進めましょう。

 

もし費用に余裕があるのでしたら、片付けや清掃を専門とする会社に委ねるという手段もあります。

家族にバレずにキャッシング

注目

関連エントリー
計画性を持って借りるようにしましょう片付けや清掃を専門とする会社に委ねるフラッシュモブ参加方法パールホワイトのデメリットとは誹謗中傷をどう対処するか